ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンパニュラの憂鬱

吉川晃司 / MODERN TIME (1986)
 

『LA VIE EN ROSE』の次って、これじゃなくて『INNOCENT SKY』じゃん。おい一枚抜けてるぞ。だって、それはレンタル待ちだから…
 
順番にやんないと話進めんのが難しいな。曲が8ビートのロックから、ダンス・ミュージック寄りになってきて、アレンジが洗練されて。全編曲が後藤次利なんだよね。それが効いてる。当然ベースがビンビンと鳴ってる。…んだけど、ゴツグ参加って前作からなんだよ!話が前後すんじゃないか。

デビュー時に「すげー、新時代のスターだ、新種だ」と思っていたのが霞むほどスタイリッシュ。これを聴いてから一枚目聴くと、あれ~っ?と思うね。

前作の、作詞のみ一曲収録でスタートした自作曲が劇的に増えてて、特に『サイケデリックHIP』(作詞・作曲とも吉川)なんて、もうとんでもなくカッコいい!尖ってる!全曲中、一番の個性を放ってるんだよ。ギターは布袋なのかな?後藤次利のアレンジ力も貢献度高いだろう。それもありつつ、作曲当初から吉川の頭の中で、完成形に近い音が鳴ってたんだったら凄いな。そこらへんどうなんだろうか。で、この曲ってもしかして…デランジェの『Headlong Crazy 』の元ネタ?…と、思ったら、デランジェのデモ・テープは1985年だからこれよか前なのか。


MODERN TIMEMODERN TIME
(2014/04/23)
吉川晃司

商品詳細を見る

スポンサーサイト

| 音楽 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/2907-98c085d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。