ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハートの脱出ゲーム

マイルス・デイビス / スター・ピープル (1983)
Miles Davis / Star People
 

これはやっぱ、冒頭の『カム・ゲット・イット』が、爆発的にカッコいいんだよね。分かんないけど。
 
ロック的なカタルシスを感じるというかね。分かんないけど。エレクトリック・マイルスで、ディスク・ガイドにデカく載るのって、『ビッチズ・ブリュー』と、『オン・ザ・コーナー』ってことが多いじゃない?分かんないけど。『カム・ゲット・イット』のロック的カタルシスといえば、エレクトリック・マイルスの中でとくに『ビッチズ・ブリュー』はジミヘン、スライからの影響もあって、時代的にもロック、ファンクへの接近って部分があるわけだけど、ロックというよりは、抽象画みたいな感じがするんだよね。分かんないけど。『オン・ザ・コーナー』は、”ループするリズムの化け物”ね。分かんないけど。

で、この『スター・ピープル』に入ってる『カム・ゲット・イット』は、形態としてはロックじゃないにしても、リズムが直線的でテンポがムチャクチャ速いので、ロック的なアドレナリン分泌促進を促す感じ。分かんないけど。

このような、緊張感のある曲では、マイルスは天空を切り裂くようなトランペットを吹いて、素晴らしいんだけど、それ以上に全編通して曲を引っ張ってるのは、この曲に関していえばマーカス・ミラーのベースなのかな。分かんないけど。

まあ、俺は分かんないだけどね。


Star PeopleStar People
(2001/04/10)
Miles Davis

商品詳細を見る



スポンサーサイト

| 音楽 | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/2901-2c25354b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。