ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Password is 0

マリリオン / 独り芝居の道化師 (1983)
Marillion / Script For A Jester's Tear
 

70年代に全盛を極め、ロックの進化に貢献したプログレッシヴ・ロックであったが、70年代後半から80年代にかけて、表現の行き詰まりや新しいロックの価値観が台頭するとともに、衰退していくこととなる。

ビッグ・セールスを誇った大物バンドでも、それぞれ解散するもの、看板メンバーの脱退、方向を見失うもの、コマーシャルな音楽性へと変貌するものなど、厳しい時代と向き合うことを余儀なくされた。

そんな中にあって、イギリスから登場したこのマリリオンなど、新世代のバンドが次代の価値観でプログレッシヴ・ロックを鳴らした。彼らの音楽は"ポンプ・ロック”と呼ばれ、ポンプ・ロック、ポンプ・ロック…

ポンプ・ロック!

ポンプ・ロックとは…

あーーーーーーーーーーーーーーーー

あーーーーーーーーーーーーーーーー

ぁーーーーーーーーーーー


なんかよく分かんないけど、ポンプ・ロックって口にするとなんか楽しくなっちゃうよね。語感がいいね!

ポンプ・ロック。



Script for a Jester\'s TearScript for a Jester\'s Tear
(2000/09/07)
Marillion

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 音楽 | 20:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>GAOHEWGIIさん

ありましたねーBURRN!帯って!!

ウチのマリリオンは帯なし中古だけど、たぶん元々はBURRN!帯のかな?

| ジェフ・ゴールドスミス | 2014/04/27 23:11 | URL | ≫ EDIT

ジェフ・ゴールドスミス様

僕も世代的にBURRN!誌ですよ。

初cd化のときはBURRN!帯でしたね。

| GAOHEWGII | 2014/04/27 17:58 | URL |

>GAOHEWGIIさん

ポンプロックって呼び方はイギリスだとそんな感じなんですか。ほほう。

やはりジェネシスからの流れで入るのは自然の流れですよね。

僕は世代的にBURRN!誌で、メタル勢の中に混じって、ちょっと違う風変わりなメイクをした人がいるなあという、たしかそんな認識だったと思います。

| ジェフ・ゴールドスミス | 2014/04/26 22:45 | URL |

ジェフ・ゴールドスミス様

こんばんは

自分はジェネシスがすごく好きなのですが、
マリリオンもその関係ではまりました。

ポンプロックはイギリスでは蔑称らしいのですが、
日本では普通に定着していますね。

響きがかわいいのも一因かもしれません。

| GAOHEWGII | 2014/04/26 18:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/2861-f8081e0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。