ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桜、みんなで食べた

ザ・ローリング・ストーンズ / スティル・ライフ (1982)
The Rolling Stones / Still Life American Concert 1981
 

1981年のツアーを収録したこのライヴアルバム、キモはやっぱアタマと終わりね。開演時のSEは、デューク・エリントンの『A列車で行こう』ね。ハッピーな感じのスウィングがライヴ開始の昂揚感を倍増させてて最高なんだ。このアルバムと、デューク・エリントンのアルバム、買ったのはどっちが先だったかなあ。これを聴いた流れでデューク・エリントンのを買ったのかな?まあそういう繋がりで聴いてくのは楽しいよね。で、このツアーではエンディングにもSEが使われてて、ジミヘンの弾く『星条旗よ永遠なれ』が流れるの。この演出がめちゃくちゃカッコいい…いや、何ねんなことにレコードだと尺の制約もあるし映像がなくて音だけって性質上、どちらのSEも30秒とか1分弱とか、短いんだよ。このツアーは映画にもなってて、その映画、『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』ではSEも長いサイズで収録されてんの。『A列車で行こう』が流れる中、バックステージからメンバーの動きを追ってて、エンディングでは、『星条旗よ永遠なれ』が鳴り響いて花火がドッカンドッカンと炸裂したりサーチライトがグルグル回ってるってのを、フルサイズで観ることが出来るので、かなり興奮する。

『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』は、たしか初来日のタイミングだったかなあ(ちょっとここは記憶が曖昧。ずれてるかも)、深夜にテレビ埼玉で放送して、それを俺はビデオ録画して観たんだよね。この映画を観たあたりが、初来日を見逃した俺にとっても、ストーンズがけっこう大きな存在になっていくターニングポイントだったんじゃないかと思う。

そんな感じでアレが、ああで、アっ!アーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーあああああああああああああああああああああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

大変だ!

SEのこと書いただけで、ストーンズの演奏とか本編のこと書かないで終わってしまった!しかも途中からライヴアルバム自体じゃなくて映画の話にすり替わってるっていう…


Still Life (Reis)Still Life (Reis)
(1998/11/17)
Rolling Stones

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 音楽 | 20:13 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ジェフ・ゴールドスミス様

僕も後追いですね。
多分代表作が売り切れててこれしかなかった、
という状況だったと思います。

| GAOHEWGII | 2014/03/06 21:10 | URL |

>GAOHEWGIIさん

ほほう!これが最初の一枚でしたか。僕はかなり後追いです。このツアーの頃はもうショウパッケージとして完成されてて、画で観ると渋いという感じでもないんですけどね。中一だったからかな?僕も中高ぐらいでストーンズは理解してませんでした。

| ジェフ・ゴールドスミス | 2014/03/03 22:42 | URL | ≫ EDIT

最初の一枚

ジェフ・ゴールドスミス様

こんばんは

このアルバム、実は中1の時、ストーンズ最初の一枚として買いました。近所の店にあったのがこれだけだったので。

ただ当時は渋すぎてピンと来なかったんですよね。
今聴くとエキサイティングなライヴだと分かるのですが。。。

| GAOHEWGII | 2014/03/03 21:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/2794-72b75c2e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。