ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マンマ、グラッチェ!

スイサイダル・テンデンシーズ / ハウ・ウィル・アイ・ラフ・トゥモロウ (1988)
Suicidal Tendencies / How Will I Laugh Tomorrow...When I Can't Even Smile Today
 

オープニングの「熟女プレイ!熟女プレイ!」って言ってる曲は、『熟女プレイ』ってタイトルじゃなくて、『Trip At The Brain』なんだよね。

このアルバムまでの頃は、ベーシストがロバート・トゥルージロ(後にメタリカ)じゃなくて、ストレートな8ビート・ナンバーが多いんだよね。ロバートが入ってベースがビキビキいい出して、初期の再録があって、ミクスチャー度が増していくんだな。

元々、スイサイダルはクロスオーヴァー・スラッシュって呼ばれてたじゃん。それってハードコア・パンクとスラッシュ・メタルの融合で、そこからファンクに接近して、そしたらミクスチャー・ロックじゃん。ミクスチャーといえばスイサイダルのサイド・プロジェクト、インフェクシャス・グルーヴスがあるじゃん。スイサイダル本体も解散前の『スイサイダル・フォー・ライフ』ではかなりミクスチャー的になってて、でもインフェクシャスの音とは別物で。それがまた、解散して再結成、2000年の『フリー・ユア・ソウル…アンド・セイヴ・マイ・マインド 』を聴くと、曲によってはインフェクシャスっぽい感じのもあるんだよね。ハードコアとスラッシュがクロスオーヴァーして、ファンクとメタルがミクスチャーして、スイサイダルの音楽性とインフェクシャスの音楽性が接近して…

つまり…

「スイサイダルってんで西伊豆!」

ってセリフは、俺ずっと推してるんだけど、まったく流行る気配がないな。



How Will I Laugh TomorrowHow Will I Laugh Tomorrow
(1988/09/20)
Suicidal Tendencies

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 音楽 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/2698-e4fb1117

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。