ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

若気のイタリアン

グランド・ファンク / グランド・ファンク・ツアー ’75 (1975)
Grand Funk / Caught in the Act
 

そーいえば、CD屋んときグランド・ファンク・レイルロードのベスト盤にキャプション書いて貼ったら、なんかおっさんに褒められたんだよね。「雷雨の後楽園球場コンサートなんてよく知ってるねー」って。俺はその来日時には生まれてたけどまだ赤ちゃんだったから、後楽園球場の件は本で読んだ知識だけど。

このアルバムで残念なのは、『クローサー・トゥ・ホーム』がフェード・アウトしちゃうんだよ。ライヴ盤でそれはつらい。どうも最新のリマスター盤でちゃんとエンディングまで収録になってるらしいけど。そんなこんなで、一番好きな曲の『クローサー・トゥ・ホーム』が入ってるのに、3人時代の『ライヴ・アルバム』と比べて再生回数すくなかったんだな。

ところでだ、ウィキペディアによると今現在、グランド・ファンク・レイルロードってマーク・ファーナーがいなくて、しかも3人でも4人でもなく5人組で、どういうわけかキッスにいたブルース・キューリックがギター弾いてんのかよ!それっていったい!? って思ったのは2年くらい前かな?

マーク・ファーナーのいない5人組っていったい何のバンドだよ…


Caught in the ActCaught in the Act
(2003/02/06)
Grand Funk Railroad

商品詳細を見る

スポンサーサイト

| 音楽 | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/2681-2f76634c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。