ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

好きよ、純情反抗期。

ルー・リード / ザ・レイヴン (2003)
Lou Reed / The Raven
 

ルー・リードが死んじゃったよ…!!


ルーの作品に触れたのは、20何年前になるかなあ…まあロックの教科書通りに、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの1stから聴き始めて、ソロの方も順当に『トランスフォーマー』からだったな。それからヴェルヴェッツとソロをいろいろ聴いて今日に至る。

60年代の、アヴァンギャルドさに時代が追い付かなかったデビュー作から始まって、亡くなるのが71歳、晩年2作を見ても、前作の『ザ・レイヴン』はエドガー・アラン・ポーの作品とリンクしている、ポエトリー・リーディングを交えたアルバムでしょ。そして最後となった『ルル』は、メタリカとのコラボレーションで賛否両論巻き起こしたんだよね。ミュージシャン人生通じて前衛的で攻撃的、挑戦的な姿勢を貫いていたんだな。それだけじゃなく、退廃的で、詩的で美しかった。 俺はルー・リードが亡くなったニュースで71歳という年齢を確認し、生涯現役感のようなものを再認識して、感動している。 




The Velvet Underground / Loaded


The Velvet Underground / White Light/White Heat


Lou Read / Live in Italy






スポンサーサイト

| 音楽 | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/2660-6f13f561

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。