ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

わがまま 気のまま 愛のジョーク

キング・クリムゾン / クリムゾン・キングの宮殿 (1969)
King Crimson / In The Court Of The Crimson King
 

ロックの歴史に何度かのターニングポイントがあるとするならば、間違いなくその中のひとつであり、プログレッシヴ・ロックのイメージを決定づけたアルバム。それがこの『クリムゾン・キングの宮殿』である。その中でも衝撃的なのが、冒頭を飾るハードなナンバー、『21世紀の精神異常者』。へヴィなリフ、ディストーション・ヴォイスによるヴォーカル・パート。そして混沌とした間奏部分。その間奏パートで、楽器がブレイクするところがある。曲の頭から数えると4分50秒辺りから何度か、各楽器が呼吸を合わせ、演奏がピタリと止まる。そのブレイクに合わせて誰か"だるまさんがころんだ”をやんないかなーとか思ったんだけど多分誰もやんないよねーーーーーーーー。



In the Court of the Crimson KingIn the Court of the Crimson King
(2004/11/04)
King Crimson

商品詳細を見る





スポンサーサイト

| 音楽 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/2622-37af5a64

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。