ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界は サマー・パーティ

デイヴィッド・リー・ロス / クレイジー・フロム・ザ・ヒート (1985)
David Lee Roth / Crazy From The Heat
 

これは4曲入りで15分足らずの、しかもカヴァーしか入ってないEPなんだけど内容は濃いんだよねえ。ハード・ロックでもなくて。エドガー・ウインターはそれっぽいところもあるけど、まあブルース・ロックか。ここに収録されている『イージー・ストリート』は都会的なブルース・ロックって感じかな。エドガー・ウインター本人が参加してんだよね(フツーのこと書いちゃった!)。

元曲がどれもハード・ロックじゃないし、カヴァーのアレンジもとくにハードになってないから、リリースされた1985年当時だと、俺はホントの良さを分かってなかったかもしんないけど、デイヴのキャラクターを見事に現した作品ではある。俺がまったく分かってなかったというと多分そうでもなくて、ヴァン・ヘイレンを脱退したデイヴが出した1stアルバム『イート・エム・アンド・スマイル』で一番のお気に入りは、フランク・シナトラのカヴァーなんだよ。ステーヴ・ヴァイとビリー・シーンを率いて、シナトラを歌っちゃうバカバカしさが最高じゃない。



Crazy from the HeatCrazy from the Heat
(2012/02/07)
David Lee Roth

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 音楽 | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/2521-ed59c031

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。