ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ザ・ガール・イン・ザ・ダーティ・シャツ

柳美里 / ルージュ
 


化粧品会社に勤める女の子が、ひょんなことから自社のCMキャラクターに抜擢されちゃって、周りから必要とされている自分と、そうじゃない本人の気持ちとの間で葛藤があったり、おっさんと恋愛みたいな感じになったり、「こりゃーなんかサクサク読めていいや!わりと分かりやすいから俺でも読める!」とか思ってたら、俺がちょっと電車の窓から外の景色を眺めている隙に、ホモのカップルが出てきたりして。これが後半の重要なキャラだったりして。あれ?さっき一緒に旅行してたコピーライターのおっさんは?っつうかうわーーーーー!!この書き方はやっつけ記事だなどうも!こうやって句読点の“。”がずっと出てこないとやっつけ記事の可能性が高いぞ!

とととととりあえず、デート中の描写に出てくる記号がどれもこれもムカツクっつうか、でもあれかな?半分は天然だけど、半分は、広告業界が持つバブルの名残り的な空気を出すために、あえて書いてんのかな?

ホモのアートディレクターが運転するポルシェのカーステでかかってるのがオアシスの『ビィ・ヒア・ナウ』 で、「そこでオアシスなのはいいとして、そのアルバムはかけねーだろ!」とか言おうとしたけど、いつも「ロック・ファンはケツの穴が小ぃせーなー!」とか発言している手前、まあそこは大目に見よう。

で、今回一番の問題は…読んでる途中で、この小説が、ファンの中でどんな位置づけになってんのかと気になって、Amazonで“唯川恵 ルージュ”って 検索したらさあ!全然出てこないんだよ!!「あれ、この作品はなかったことになってんのかな?」と思ったんだけど、あるわけないんだよ!だってこれは唯川恵じゃなくて柳美里が書いた小説なんだから!!

まあひゃくごえんコーナーで文庫本を買うとそういう事態も発生するよね!




ルージュ (角川文庫)ルージュ (角川文庫)
(2003/11)
柳 美里

商品詳細を見る

スポンサーサイト

| 書籍・雑誌 | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/2139-e7fe1921

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。