ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

苺牛乳

ヴァン・ヘイレン / 1984 (1984)
Van Halen / 1984
 

デイヴ・リー・ロスが歌うヴァン・ヘイレンの凄さ、特にこのバカ売れした『1984』の何が凄いって、アレですね。バカ売れっつうのは、(当時はヘヴィ・メタルがブームだったとしても)メタル、ハード・ロックを好んで聴く層以外の一般層を巻き込んでいかないとメガ・ヒットにはならないと思うんだよね。そうなると、必要なのは分りやすい泣きの要素だと思うんだな。それがこのアルバムにはまったくない。

ヴォーカルがサミー・ヘイガーに代わってからは、演歌的にコテコテな曲はないにしても、それなりのスローなバラード的ナンバーや、そっち方向に感情を揺さぶるポップ・ソングがある。『1984』には、曲によってハード、ポップ、押しと引きはあるんだけど、泣きがない。デイヴが歌うロックの猥雑さ、スーパーなギターのテクニック、印象的なシンセ際ザーのリフはあるんだけど、泣きがない。というか、どっかに忘れてきてしまったように欠落している。アメリカン・ハード・ロックと、ここで開花したポップのセンスで、ここまで売れたのって凄いと思うんだよね。

俺は、サミー時代の、ハードなナンバーではない、ポップ・ソングの何曲かはすげー好きで、どっちの時代にもそれぞれ魅力があると思うんだな。だからどっちかに肩入れするつもりはない。でも、サミー時代にデイヴ待望論というのはけっこうあって、サミーに対して歌える曲のバリエーションが沢山あるわけでないにも関わらず、求められていたデイヴつうのはある意味凄いと思うんだな。

あ、ちなみにデイヴのソロ曲で俺が一番好きなのは、『イート・エム・アンド・スマイル』のラストに入っている、フランク・シナトラのカヴァーだったりする。 アレはデイヴのキャラ、魅力の一部分を抜き出して拡大したものでもあるけど、ある意味それを上手く提示してるとも言えるんだよね。魅力であり限界でもあり、でもやっぱ魅力みたいな。
 


19841984
(2012/02/03)
Van Halen

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 音楽 | 22:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

> こみち丸さん

やっぱ、ヴァン・ヘイレンの音は乾いてるから、デイヴの方が似合うんですかね。あ、でもサミーも、モントローズとかソロのときから、Mr.アメリカン・ハード・ロックみたいな感じか。サミーの方が歌の幅があるから、エディの作風が変ったつうことかな。要検証。

| ジェフ・ゴールドスミス | 2012/06/21 09:43 | URL | ≫ EDIT

普段は泣きのロックが好きなのに、何故かヴァン・ヘイレンの場合はサミー時代よりデヴリーのが好きですね。どこまでも続くカリフォルニアの青い空ハードロックや!

| こみち丸 | 2012/06/21 08:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/2016-63d0ee6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。