ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

太陽曰く燃えよカオス

だーーーーいぶ、前に書いた、スティーヴィー・サラスのアルバム『エレクトリック・パウワウ』で、サラスがカヴァーしてたファンかデリックと、ヒートウェイヴの、原曲の方がこっちなんだけれども。

前にも書いたけど、どっちの曲も、ほぼ原曲のアレンジを大幅には変えないで、サラスはカヴァーしてる。ハード・ロック的にエッジが立ってるくらいかな?


ファンカデリック / レッツ・テイク・イット・トゥ・ザ・ステージ (1975)
Funkadelic / Let's Take It to the Stage
 

ファンカデリックの『グッド・トゥ・ユア・イヤホール』は、ミディアムな横ノリグルーヴが気持ち良いナンバーね。で。サビはいかにもファンカデリックっぽく、みんなで歌うみたいな。ファンカデリックが元々ファズ・ギターをフィーチャーしてるので、カヴァーと原曲のイメージがかなり近い。テンポも同じくらいか。


ヒートウェイヴ / ザ・ベスト・オブ・ヒートウェイヴ (1997)
Heatwave / The Best Of Heatwave: Always And Forever
 

ヒートウェイヴの『ザ・グルーヴライン』も、アレンジ自体に大きな変化はないが、サラスのヴァージョンはテンポ・アップしている。さらに原曲のギターはチャカチャカとカッティングが中心なので、原曲ではギター以外の楽器で鳴らされているフレーズも、歪んだギターに置き換えてプレイしているので、サラスのヴァージョンはハードに聴こえる。で、この曲って、途中から、フレーズに泣きが入る部分が出てくるから、なんかサラスのハード・ロック・アレンジと相性がいい気がするんだよね。


で、今回は何が言いたいのかというと、何だっけ?

カヴァー曲って、原曲を先に知っているってパターンもあるけど、この曲たちは、カヴァーを最初に聴いたんだよ。カヴァーで知ってから、そのルーツを聴いて視野を拡げるつうのも楽しいよね。

つう話でした。



Let\'s Take It to StageLet\'s Take It to Stage
(2005/05/03)
Funkadelic

商品詳細を見る



Always & Forever: Best ofAlways & Forever: Best of
(1996/06/06)
Heatwave

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 音楽 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/2010-853f5ad2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。