ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

同じ時給で働く友達の美人ママ

モット・ザ・フープルの映画を観たわけだが、そういえば、モット関係の記事をいくつか書いてたっけな。

モット・ザ・フープル / すべての若き野郎ども (1972) / 革命 (1973) 
Mott The Hoople / All The Young Dudes / Mott


ミック・ロンソン / ライヴ~ショウタイム (2000)
Mick Ronson / Live Showtime


モーガン・フィッシャー / 都市生活者のための音楽II (1985)
Morgan Fisher / Water Music



あと、『3055』の方にも寄稿してるよ。

All The Young Dudes
Mott The Hoople


Live
Mott the Hoople




そんでモット、じゃなくて、そんでもって思い出したようにトリビュート・アルバムを聴く。

V.A / Moth Poet Hotel A  Tribute To Mott The Hoople (1996)

参加アーティストと、演奏曲はこんな感じ。

1. オール・ザ・ヤング・デューズ(モス・ポエット・オール・スターズ)
2. ロック・アンド・ロール・クイーン(イージー・ウォーカーズ)
3. ホナルーチー・ブギー(ザ・イエロー・モンキー)
4. バラード・オブ・モット・ザ・フープル(ヒートウェイヴ)
5. オール・ザ・ウェイ・フロム・メンフィス(ブライアン・メイ)
6. アイ・ウィッシュ・アイ・ワズ・ユア・マザー(宮沢和史)
7. ザ・ゴールデン・エイジ・オブ・ロックン・ロール(ザ・ハイロウズ)
8. デス・メイ・ビー・ユア・サンタ・クロース(ザ・プライベーツ)
9. トラディス・ソング(サイコデリシャス)
10. モス・ポエット・ホテル(モーガン・フィッシャー)

基本、日本人アーティストなんだけど、ブライアン・メイと、あとモット後期のメンバー、モーガン・フィッシャー本人も参加。モーガン・フィッシャーはモットじゃなくて自分のオリジナル曲。

『すべての若き野郎ども』は、『ウイ・アー・ザ・ワールド』みたいにみんなで歌ってんだけど、発売された当時の状況からか、脂の乗っているイエモン、吉井和哉のヴォーカルが一番前に出てるような気がする。MIXの問題じゃなくて、存在感的に。

何曲かは、独自解釈で日本語詩を乗せてカヴァーしてるんだけど、その詩がどれも素晴らしい。イエモンもいいし、グラム・ロックっ気のないヒートウエィヴも凄くいい!山口洋の、染みる歌詞がいいんだよね。そうなんだよ!ロックンロールは、人生に敗れた者のゲームじゃないんだよよよっ!
 
『ロックンロール黄金時代』をやってるハイロウズは、すんげーハイロウズな感じ。ちょっとテンポが速いだけで、そんなに変ったアレンジはしていない。でも、歌詞含めて物凄くハイロウズ。


そーいえば、『土曜日の誘惑』が入っていないなあ。ミック・ラルフスが脱退して、アリエル・ベンダーになってからの曲で、アリエル・ベンダーって、スタジオ・アルバムだと『ロックンロール黄金時代』だけを残して脱退(ライヴ・アルバム『華麗なる煽動者 モット・ライブ』は彼のプレイ)しちゃってるんだけど、『土曜日の誘惑』って、モットのレパートリー中、かなり好きな曲なのだ。



MOTH POET HOTEL~A TRIBUTE MOTT THE HOOPLEMOTH POET HOTEL~A TRIBUTE MOTT THE HOOPLE
(1996/08/31)
オムニバス、モーガン・フィッシャー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 音楽 | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/1969-6a4b9668

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。