ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ストロベリmelody

Mahavishnu Orchestra / Original Album Classics (2010)
 

「これについては後ほど」とか言いながら、長い間放置してしまった、マハ…マハヴィシュ…マハビ庶務二…マハヴィシュヌ・オーケストラである。舌噛みそう…つうか、タイピングなんだから噛むわけないじゃん。

入手したのは、アルバム5枚組みのやつだよ。

中心人物のジョン・マクラフリンは、マイルス・デイビスの『ビッチズ・ブリュー』とか『オン・ザ・コーナー』とか、マイルスが電化するにあたっての重要アルバムでギター弾いてんので、ジャズの歴史上においても重要なギター・パートを録音してきた人手あーりますね。って、そこから書けばいいのか?第一期メンバーに名を連ねているヤン・ハマーはジェフ・ベックとやったりしてる。

ジョン・マクラフリンのギターは、『ビッチズ・ブリュー』の中だと、マイルスの描いた抽象画に色を着けていく感じで、『オン・ザ・コーナー』ではミニマルなビートの中で延々と、一定のテンションを保って弾いているんだけど、こちら、自分のバンドではかなり弾きまくりというか、これが本領発揮つうところなのかね。そんでもって他のメンバー全員がテクニシャンなので、音の密度がもうとんでもないことに。

マハヴィシュヌ・オーケストラは、ジャズ/フュージョンの枠でも聴かれるし、ジャズ・ロックやプログレとしても語られ、比較対照としてキング・クリムゾンの名前がよく挙がる。どちらも高度な演奏技術を持つバンドなんだけど、クリムゾンは思想というか、とくに初期は内面の葛藤に突き動かされている面がある。それに対しマハヴィシュヌ・オーケストラは、クリムゾンのような“途方に暮れている感”はなくて、もっと演奏自体に寄った表現なんだよね。つうか、ほとんどがインストだし。

技術的にはさすがというか、もうまいったとしか言いようがなくて、ハードに畳み掛けてくる曲なんかは、脳の回転が3倍速になっちゃた見たいな、そんな演奏を聴かせてくれるのであーります。


Original Album ClassicsOriginal Album Classics
(2010/04/23)
Mahavishnu Orchestra

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 音楽 | 09:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/1960-f2ef0151

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。