ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウィープ・ゼムセルヴス・トゥ・スリープ

PRINCESS PRINCESS / LOVERS (1989)

 




プリプリの人気が最高潮に達した1989年にリリースされた本作は、全曲をラヴ・ソングで固めるという明確なコンセプトを掲げて作られた。メンバー5人が描く、それぞれの恋愛模様が綴られている。(彼女らの楽曲製作体制は、ヴォーカルの奥居が多くの曲を作曲、作詞は各メンバーが行い、奥居の作詞曲というのは少ない)

テーマ的にはラヴ・ソングに統一されているが、曲調はクリスマス・ソングからハード・ロックまで幅広く、それらが違和感なく並んでいる。バンドの好調をそのまま反映した楽曲のクオリティはどれも高く、作詞陣の言葉、メイン・ソング・ライター奥居のメロディとも見事な充実ぶり。

そして何より、ミリオン・セラーを達成したこのアルバムには、同年リリースでプリプリ最大のヒット・シングルとなった『Diamonds (ダイアモンド)』が収録されていないのである。それどころか、シングル曲自体、ひとつも入っていない。マーケティング的なことを考えれば、ヒット・シングルを収録し、さらなるメガ・ヒットを狙えたかもしれない。しかしそれをせず、見事なアルバムを作った。

ある意味、マーケットに対し攻撃的に打って出た、そしてしっかりと結果を出した作品である。



LOVERS
(1996/06/21)
プリンセス・プリンセス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 音楽 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/1942-5e936a7b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。