ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」

ドッケン / アンダー・ロック・アンド・キー (1985)
Dokken /Under Lock & Key
 

LAメタルの中で、ドッケンはそんなに思い入れがあったわけではなく、この『アンダー・ロック・アンド・キー』はカセットで持っていて、そこそこ聴いたってぐらいだったわけだ。その後、90年代に入ってからはまったく聴かなくなってしまった。クワイエット・ライオットはCDで買いなおして聴いたりしたんだけど、ドッケンはそのチョイスからも漏れたままだった。

この度、突如としてドッケンが聴きたくなった。聴きたくなったんだよーん!
ファイヴ・オリジナル・アルバム・シリーズのセットでいっぺんに聴いてみたら、ドッケンいい!初期の作品は、ヘヴィ・メタル・バンドとして徐々に完成されていく感があるし、本作ではもっと大きなフィールドのハード・ロック、ポップ・ミュージックとして見てもクオリティが高い。

よく言われる「ドン・ドッケンの甘味なヴォーカルと、ジョージ・リンチのアグレッシヴなギター」というのも、当時はそこまで意識して聴いていなかったが、あらためて聴いてみるとなるほど納得。このアルバムは曲がキャッチーになっているだけに、その対比が際立っている。そして、この対比が2人の確執の一因だったりするのも、人生いろいろという感じで面白い。この鬩ぎ合いがないと、甘すぎたり辛すぎたりで、ドッケンである必然性がなくなってしまうんだなあ。




5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET
(2010/02/27)
DOKKEN(ドッケン)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 音楽 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/1838-62c3cc5c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。