fc2ブログ

ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いけないチェリーパイ

朝5時に起きて日光、中禅寺湖へ。

あああぁぁぁーーーーっっっ!!!

5時に起きたのに、朝飯と昼の弁当を作ってたら6時半の電車に間に合わなかった!
やっぱ2食分作ると時間かかってダメだ!
それを見越して朝飯は簡単なメニューにしてたのに!ああああっ!

しかも、朝飯を半分くらい食べるまで、「まだ、ギリギリ間に合うかも」と思ってダッシュで食っていたので胃が痛い…

6時半の電車に乗り遅れたら次は1時間後だ。このまま駅に行けば次の電車がすぐに来るが、乗り換えの東武日光線が来ないのだ。

つうことで、1時間後の電車に乗る。

 
くそ~。1時間もロスしたことでテンションが落ちた。そして紅葉シーズン、土曜日朝の列車だけあって、日光行きは満員だ。一本前はどうだったのだろう。嗚呼、このまま満員電車に立ったまま約1時間半か…
しかしキミキミ、聞いてくれたまえ。この時期の週末ともなれば、日光線車内のほとんどは日光へ行く客だが、中には生活の足として普段どおり乗っている人もいるのだ。なので、もし自分が乗車したときすでに席が満員、でも立つ位置ぐらいは選択できる状況なら、アウトドアルックの客が座っている前に立ってはいけない。そいつはどう考えたって自分と同じ日光まで行くのだ。どこか途中の駅で席が空くことはあるまい。
そこでだ!車内で登山、ハイキングの服装ではなく、学生服やスーツ、仕事着、軽装の普段着でシートに座っている人がいれば、その前に立つのだ。もしかするとその人は途中の駅で降りるかもしれないのである。
というわけで、普段着で座っている女性の前に立っていたら、彼女は途中で降りたので、座れた。そして、ムダになった早起き分を取り戻すために、私はしばし眠りに着いた。

下今市で車両切り離し。と思ったら、乗っていた電車より少し早く終点に到着する快速がモームに待っていたのでそれに乗り換え。9時26分に東武日光到着。

 
う~ん。9時半だとやっぱ、フツーの時間て感じだ。

「紅葉時期で週末なので道路は渋滞してムチャクチャ時間かかりまっせ。しかもこの後どんどん混んできまっせ。帰りはもっと凄いでぇ~!」とのアナウンスが入る。


 
途中まではそこそこ流れていたと思うが、いろは坂を登り明智平が見えてきたところで完全に渋滞。
しかし今日は、中禅寺湖周辺の交差点で車が曲がる方向を規制してしまい、流れをスムーズにする渋滞緩和の実験が行われているので、比較的車が流れているとのこと。



駅の停留所で予想されていたとおりの時間、11時少し前に中善寺温泉のバスターミナルに到着。
空気が冷えている。日中、日向をずっと歩いていると汗ばむ感じだが、吹いてくる風はもう冷たい。でも、ちゃんとそこそこの厚着してきたから大丈夫だもんね!


 
華厳の滝。毎度毎度、この高さを見ると股間がキューっとなってしまい、写メを撮ろうと手すりから前に突き出した手に力が入る。
「手が滑って谷底に携帯電話を落とし、それを追おうと身を乗り出した自分も…」て、ならねーよ。


 
快晴。風も強くなく、中禅寺湖には沢山のボートが出ていた。


 
紅葉は、どうなのだろう。今までの同じ時期と比べると、青空に映える、眩しいくらいの真っ赤っかが少ない気がする。
じゃあもう数日後にガツンとしたピークが来るのかといえば、それもどうなのだろう。あるのだろうか。猛暑の影響とか、あるのだろうか。どうなのだろう。



秋の日差しを浴びながら、葉が色付いている木を探し、彷徨う。


 
彷徨う…所謂、徘徊。上空には効用の模様を取材しているのか、ヘリが飛んでいる。


 
日光二荒山神社中宮祠。“良い縁笹の輪くぐり”…は、やらない。やらないよ!


 
中禅寺湖畔の喫茶店。たしか、20年前と、12~3年前にここで食事した。
そういえば、当時乗っていたマツダコスモの、この写真を撮った日に来たんだっけかな?
またここで食事できるときが来るのだろうか…って、まあ喫茶店だし、入って食べればいいんだけど。
でも、どうもここでミートソーススパゲッティを喰らったあの頃とは心境的にずいぶんと遠いところに来てしまったな。
そんな2010年秋。




 
そんな感じで、午後編につづくぜ。
 






空から日本を見てみよう2 紅葉の日光/首都高速都心環状線 [DVD]空から日本を見てみよう2 紅葉の日光/首都高速都心環状線 [DVD]
(2010/04/21)
バラエティ

商品詳細を見る


スポンサーサイト



| 旅行 散歩 徘徊 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jeffgoldsmith.blog97.fc2.com/tb.php/1194-a168f001

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT