ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恋のチャプターA to Z

ゆらゆら帝国 / ミーのカー (1999)


ハードにドライヴするロックンロール・サウンドに乗って、「俺はもうだめだ」とゆうサビを歌ってしまう『ズックにロック』の痛快さ。
「スピーカーよ壊れよ」とばかりにレベルを振り切ったファズ・ギターが暴れる『午前3時のファズ・ギター』。
見てはいけないものを見てしまったような背徳感漂う『人間やめときな'99』。
25分に及ぶサイケデリアを展開するタイトル曲『ミーのカー』・・・と、売れることに背を向けているような曲が並ぶようで実はキャッチーさも併せ持つこのアルバムが出たのはもう10年以上前のこと。
この時点で日本語にこだわるギター・ロックとしてのゆらゆら帝国は既に完成しているようにも感じる。
ここからさらに作品ごとに、さらに実験的だったりポップだったり、新たなトライアルを課してきたとゆうことか。

この作品までのゆらゆら帝国の音を聴いていると、昭和40年代の恐怖漫画を読んでいるような怖さと湿度を感じる。怖いような懐かしいような感覚。
木造平屋建ての家、仏壇が置いてあった薄暗い部屋のことなども思い出してしまう。

坂本慎太郎氏のギター・サウンド、おそらくほとんど、もしくは全部をSGのみで通していると思うが、繊細なアルペジオからソリッドなカッティング、轟音のファズまで、素晴らしく官能的に鳴っている。

・・・と、いうことで(全然、ということになっていないが)、なんと本日3月31日付で、オフィシャルHPのコメントをもって解散してしまった。

なんともあっけない最後だが、彼ららしいといえばらしいのか・・・



ミーのカーミーのカー
(1999/06/16)
ゆらゆら帝国

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 音楽 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。